借金の返済ができない

借りた物は返さなければいけない。
これは小さい頃から教わってきた事だと思うのですが、借金についてもしっかり返せる見込みがないのであれば、借金自体をするべきではありません。
しかし、借金した時には支払いの目処がたっていたのに、事故や病気、突然の倒産やリストラなどによって返済が困難になる事もあります。
そこでこのページでは、借金が返済できなくなった時にどのようになるかを紹介します。

キャッシングやカードローンの返済が滞ってしまった場合、翌日に携帯電話か自宅の電話に、支払いが過ぎている内容の電話があります。
もちろん家族にバレたくない人の事も考慮して、会社名ではなく個人名での電話になります。
この電話で確認される事は、支払う意思の確認と、支払う事のできる期日になります。

もし、この電話を無視していた場合は、連絡がとれるまで何度も電話が来てしまいます。
その日に連絡がつかなかったら次の日といった形で、連絡がつくまで何度も電話があります。
個人の携帯に連絡しても応答が無い場合には、会社に連絡があります。
また、自宅に催促状が送られてくる事も考えられます。
貸金業法により以前のような悪質な取り立ては無くなりましたが、それでも担当者の訪問は法律で決められた時間帯で行われます。
返済が三ヶ月以上になるとブラックリストに登録され、簡易裁判所から支払督促状が届く事になります。

もちろん個人で借りた物を返済する方が良いとは思うのですが、それでもどうしても返済できない理由がある場合には、積極的に債務整理を行う事をおすすめします。
しかし債務整理をあまり知らない方も多いと思いますので、このサイトでは、債務整理のメリットや、デメリットについてご紹介させて頂きます。


[RECOMMEND SITE]
借金の返済に困った場合に弁護士に無料で相談が出来るサイトです ⇒ 借金 返済